2015/07/01■Love Apple

私がROにふと復帰した日から今日までの約5ヶ月間、
一番って言っても過言ではないくらいお世話になった1人のプレイヤーが
昨日、休止を発表され、ROの画面の中から去っていきました。


まぁ、突然の事だったわけではなく、予兆というかそうゆう意向は前から
聞いていたんだけど「本当にその時が来たんだな・・・」っていう複雑な気持ちでした。


RR化により、本当に色んな事が嘘のように変わってしまったROに復帰し
何をどうしていいかわからなくて戸惑っていた私に、
装備を貸してくれ、スキルやステや立ち回りを教えてくれ、
毎日のプレイの中に、気づくといつもいてくれる、そんな存在でした。

screenBreidablik031.jpgscreenBreidablik033.jpg
screenBreidablik036.jpgscreenBreidablik008.jpg

もちろん、運営陣はみんな私の初期からを支えてくれている人たちなんだけど、
その中でも特に一番色んな事を教わった気がしています。

WL作成に迷えば、自分のWLを出して説明してくれ、
皿の作成に迷えば、一緒にスキルを考えてくれ
連のステを相談すれば、ステシミュとにらめっこしてくれ
葱の作成に困れば、みんなで一緒に話し合ったり、

狩りがうまく行かないときには、改善策を一緒に話し合って
立ち回りで間違えた事や修正する事ははっきりと助言をくれ

G運営をするようになってからも、
一緒にたまり場を探してくれたり、運営の事一緒に考えてくれたり
G狩りでは、いつも率先して足りない職を埋める事をかってでてくれていました。



前のGではなかなか今みたいなG狩りができずに
「毎日G狩りとかしたいんだよねー」
「とにかく狩りに行きたくてキャラ育てたけど、使う場面がないわ」と言ってた。



この人に、活躍できる場所を作ってあげたい。


私がGを立ち上げるきっかけになった理由のひとつでもありました。


screenBreidablik092.jpgscreenBreidablik083.jpg


ゲームクリア のタイミングは人それぞれ。

それは、他人がどうこう言うことではなく、本人の気持ち次第。

プライベートな時間を割いて、強制ではなく「楽しみ」として向き合う時間。

そこに楽しみを見出せなくなったり、時間を裂けなくなった時

その人の ゲームクリア がやってくる。

それは、残るプレイヤーにとっては淋しい事だけど、

それは新しい門出でもあるので、尊敬と感謝の気持ちを胸に送り出すのもまた使命なのかと。


screenBreidablik457.jpg

気が向いて帰ってきてくれたら嬉しいって気持ちもあるけど、過度な期待はしないし、
負担に思ってほしくもないから、待つことはしない。

そこに居てくれた事、過ごしてきた時間は本当にかけがえないものだったし
きっとずっと忘れないと思う。


こんな風に思える1人のプレイヤーに出会えた幸せに感謝。

そして、今一緒にプレイしているみんなとも、
ゲームクリアの時に同じように思えるような関係を築いていけたら・・・と
そんな風に思ったMerryなのでした。


ありがとう、りんごさん。大好きだよ!

  • 最終更新:2015-07-02 12:01:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード