2015/07/15■No AB,No RO Life

12年前、ROを始めた時、
私はゲームとはほぼ無縁の人生を送っていました。

今まで、RO以外のオンラインMMOはひとつもやった事がありません。
ゲーム好きというよりは、「ラグナ好き」なのかもしれませんねw

今でも、あまりのゲーム知識のなさに
「ええ、めりさん知らないの!?」と言われる事もたびたび・・・。

当時、在宅IT関係のお仕事で、
お客様だった北海道在住の1歳年上のROプレイヤーに誘われてROをはじめました。

お客様からの誘いという事もあり、半分は接待のつもりで始めたゲーム。

「とりあえず、キャラを作るんだよ。」
と言われても、何をどうすればいいのかわからない。

「剣で敵を倒す職、敵から盗みをする職、強い魔法が使える職・・・」
などと一つ一つの職業の説明をまず受けました。

その中で私が選んだのは「人が戦うのを助ける職」でした。


なぜ自分がそれを選択したのかは、今ではよく覚えてないんですが。

キャラを作ってすぐに私には既に入るGが用意されていました。
誘ってくれたプレイヤーさんの高校の同級生リア友達で結成されたギルド。
AGI前衛職ソロメインキャラばかりのGで、
プリはサブキャラで持ってる人がいたくらいのGでした。

私が本気でプリを育ててからというもの、
それぞれがソロをしながらGチャやVCで会話していたメンバーが
毎日みんなで狩りに行くようになって、それが凄く嬉しかったのを覚えています。

それをきっかけに、じゃあVit前衛を作ろう、Wizを作ろう
とみんながPTで動く事を考えたキャラ作りをして行くようになり
どんどん行ける場所が広がっていったのも、とっても嬉しかった出来事でした。

そこから12年間、私の中のメイン職業は揺らぐことはありませんでした。

初めてROでオーラになったのも、プリーストでした。

キャラスロットが3つしかなかった頃、
メインがHiプリ・お財布用の商人
と、2キャラは固定されていたんですが、
3つ目は作っては消し、作っては消し、作っては消し・・・と何かの職業にハマる事ができず
I-Vの前衛支援がメイン・I=Dの後ろ支援が2ndキャラと最終的に落ち着きました。

復帰した現在の、唯一のオーラも、アークビショップです。

ゲームがあまり得意ではないので、オーラになっても相変わらずミスばかり(笑)
だけど、いくらやっても飽きない不思議な職業ですw


一緒にやる仲間達に少しでも多くの支援を切らさずに提供したい。
一緒にやる仲間達が転がるのを少しでも防げる支援でいたい。
みんなが楽しくプレイする為のサポートが楽しい。


自分がかけたバフで、攻撃職のダメが増えるのが喜びです。
赤くなったHPバーでも転がさずにその場を乗り切れた時、すごくホッとします。


自分では強い敵は何一つ倒せないんだけど、
でも居てくれたほうがいいし、居ないと行けない場所がある。
そんなポジションがすごくすごく大好きな職業です。


ギルドに沢山人が入ってくれて、
しかも足りないといわれている支援職さんが沢山来てくれ
すごくすごく嬉しい気持ちでいっぱいです。
同じ支援好きさんってだけでも親近感沸くしね♪

ただ・・・時々「ABできない・・・」と愚痴をこぼす事がありますw
実は5月にギルドを立ち上げてから、
GイベントのET登頂にABで参加した事が一度もないんです。

Gのみんなにプレイを最高に楽しんで欲しい!と
なるべく足りない職業を作るように心がけてきたんですけど
それにより、ABじゃない職業のほうが必要とされる場面がとっても多くなりました。

なんらかの形で必要として頂けるのもまた、すごく嬉しい事なので
AB好きすぎるあまりにたまに愚痴るかもだけど、あまり気にせずに
特に高難易度Dなんかでは出して欲しい職業を言ってもらって大丈夫ですw
やっぱりみんなでクリアの達成感を味わいたいってのもまたあるので♪


ただ、どっかで「マスターめりさん、本当に支援職が大好きらしい」
という事を片隅で知っておいてくれたら、嬉しいなとも思います。


やっと最近、鷹連での生体っていうAB以外にドハマりできる遊び方にも巡り合えたんだけど
それでも、鷹連>ABになる日はきっとこないだろうな(笑)

本当に本当に大好きな職業で、ABをやらないROは私には考えられないくらい。

あ・・・・

でもすっごい好き=支援がスゲーうまい!とかは期待しないでwww
本人なりには非常に努力してるんだけど・・・センス的ななにかが(汗)

それでも良ければ、効率出ないとか、非公平になっちゃう、とか遠慮せず
ペアでもトリオでも、MDでも一般Dでもどこでも
「めりさんAB出してよ!」と言ってくれたら、ついていきますw

現時点では165AB・130ABがいます♪どちらも純支援ABです。


そんな私の、No AB,No RO Lifeなお話しでした。

  • 最終更新:2015-09-27 04:16:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード